Yokodai.JP溶接事例データベース

  機種/電極 欄の画像をクリックすると当該ページにジャンプします
機種/電極
説 明                  
動画数
想定用途/電極
HSW-01A
HSW-01A 本体重量0.7kg 溶接容量 17Ws
 電極ケーブル 350mm 
3
 ホビー/軽作業
HSW-02A
HSW-02A 本体重量1.6kg 溶接容量 95Ws
 電極ケーブル 500mm
3
 小物/少量生産
HSW-03
HSW-03 本体重量 4.9kg 溶接容量 190Ws
 電極ケーブル 700mm
3
 生産作業用
 ※シーム溶接可能
HSW-04
HSW-04 本体重量3.5kg 溶接容量 800Ws
 電極ケーブル 700mm
3
 高速生産作業用
 ※シーム溶接可能
上下から電極を当てる  ワークを重ね上下から電極を押し当てるおなじみの方法です。
5
溶接スティック(PSW-P1)
溶接ペン(HSW-P1N)
棒状電極を下に敷く  下に電極を敷いて、その上にワークを重ねて溶接する方法です
5
溶接スティック(PSW-P1)
平板電極(HSW-FB2)
突き合わせ溶接  金網や箔を、連続して溶接する電極の使用例です
3
ローラー電極(PSW-R2, PSW-R5)
クリップ電極使用  下になるワークが大きい場合、クリップ電極で、ワークを挟む方法です
3
溶接スティック(PSW-P1)
クリップ電極(HSW-CL1)
棒状電極を当てる  ワークを挟めない場合、ワークに棒状電極を押し当てる方法です
3
溶接スティック(PSW-P1)
棒状電極(HSW-EB1)
同じ側から  電池タブ付けのような場合、ワークの片側から2本の電極を当てる方法です
5
ワンハンド電極(PSW-H3)
リング溶接  リング溶接では、それぞれのワークを電極で挟み押し当てます
3
突合せ電極(HSW-FTG)
突き合わせ溶接  突合せ溶接では、それぞれのワークを電極で挟み押し当てます
3
突合せ電極(HSW-FTG)
突き合わせ溶接  ワークを挟み、押し当てて溶接する電極の使用例です
3
突合せ溶接用グリップ電極(型番未定)
    電極(+)   電極(−)   ワーク1   ワーク2
   ※ ほとんどの場合 電極(+)側の発熱が、電極(−)側より大きくなります。